催眠療法

催眠療法とは

ではまず初めに、催眠についてご説明いたします。

催眠は、1955年イギリス、1958年アメリカの医師会で認められている方法で、見えない意識の世界を扱う科学です。

催眠術と催眠療法との違いは、催眠術はショーで、催眠療法は人の問題解決のために役立てることです。ただ、催眠状態という点では共通しています。
私は医師ですので、催眠療法はきちんとした医療として使っています。

催眠とは、日常生活で、1日のうち、少なくとも10回以上は体験していると言われます。
しかし それを通常はほとんど意識していません。
だから、誰にでも催眠は体験できるのです。

習慣的に考え、行動していることは催眠なのです。
また、朝起きる時や、夜眠るときには、α波、θ波 という脳波の状態を経過します。
この状態が変性意識状態と言われるもので、催眠の時の脳波と同じなのです。
ですから、朝、晩に私たちは催眠状態を体験しているのです。

決まった場所・頻繁にいっている場所に行くのも、催眠状態で、一々意識しなくても目的を決めれば自然にその様に行動します。行きつけのスーパーに行くのに、道筋を考えなくても自然に行き、買いたいものがある場所に自然に行けます。

催眠状態とは、顕在意識と潜在意識とを隔てているクリティカルファクターと呼ばれる仮想的な「判断のフィルター」が緩んだ状態だと考えられれいます。
通常、顕在意識は、意識の約10%を占めると言われ、知性で考え、思考し、善悪を判断し、行動する部分です。
一方、潜在意識は、意識の約90%を占めると 言われています。
この部分は感性、直感、芸術的な意識であり、生まれてからの記憶がすべて保管されていると言われています。
また、小さい時の両親や先生から言われたことが、判断なく潜在意識に埋め込まれていて、それが成人になってからも思考・行動パターンの元になります。

さらに、潜在意識には、生まれる前の胎児期の記憶も含まれています。
このことは、催眠状態に置かれた時には、胎児期の記憶をしっかりと明瞭に思い出すことができることからも明らかにされています。そして、もっと遡って、お母さんの子宮にやってくる前の世界、催眠療法では「中間世」と呼ぶことが多いのですが、日本語では「あの世」とも言われる時期の記憶も、実はこの潜在意識の中に刻まれていますし、不思議なことに、「前世」と呼ばれる世界の記憶すら潜在意識の中には含まれているのです。


潜在意識は個人の記憶だけでなく、集合意識と言われる領域があり、人間同士、先祖や精霊とも、また、動物、植物、鉱物とも繋がっています。

日常生活で顕在意識が約80%、潜在意識約20%の状態ですが、催眠状態ではそれが逆転して潜在意識約80%、顕在意識20%の状態です。ですから直感の意識状態であり、無限の広がりがあります。

ドラマを見ていて、悲しい場面で涙ぐんだり、怖い場面で鳥肌が立ったりするのは、顕在意識ではドラマは作りごとだと理解していますが、催眠状態に入ることにより、潜在意識が反応して、 体に涙や鳥肌を体験させるのです。それは、過去の経験と照らし合わせているからなのです。

しかし、顕在意識も約20%残っているので、自分を判断したり、自分で自分をコントロールしています。ですから、この顕在意識が「自分は催眠に入っていない」と判断します。

誰もが自分を自分でコントロールできています。催眠状態でも、地震が来れば自分で逃げる判断ができます。
誰もが「自分は本当に催眠に入っていたのだろうか?」と感じます。 この疑問は、顕在意識が働いているので、必ず心の何処かにその疑問が残ります。 催眠に入っているときは、催眠に入っているとは理解できないのです。

催眠状態は人により異なります。
本に書かれている催眠状態とは、映画を観る様に自分の場面が 展開して行く様に思いがちです。
あたかも、自分の解決する課題が映画を観ている様に自然に目の前に展開されるのが催眠だと思いがちです。
しかし、実際にその様に見え、場面が展開するのは約10%の人に起こるにすぎません。
残りの 80%の人はそれぞれのイメージで催眠を体験します。
ある人はある場面ははっきりと見えても他 の場面ではぼやけて見えるかもしれません。
あるいは、場面を見ることができなくてもなんとな く感じられるということがあるかもしれません。
残りの10%の人は、イメージが浮かびにくいので、催眠を感じることは難しいのですが、イメー ジを練習することにより催眠に入りやすくなります。

催眠はあくまで自分で入り、自分で出て行きます。
催眠は自己催眠であり、答えも自分の潜在意識から湧いてきます。
それが、リーディングとの違い です。
本人がその気になって、積極的に催眠状態に入り、楽しむことが必要になります。
ただ、それには緊張状態では難しく、リラックスする必要があります。 誘導を受ける他者催眠も結局は自己催眠です。

催眠に入るには、まず、顕在意識を利用するのが通常の方法です。
自分でイメージを作り出すためには、過去の記憶、観た映画、読んだ小説、自分で想像するなど、 これらのイメージを作り出すことから始まります。
どんな内容が浮かんできても、それを顕在意識で判断しない様にして、言葉にして行くことが大切です。
その内容が常識にあっていようがいまいが、どんどん浮かんできたことを言葉にして伝えましょう。
もちろん、言いたくないことは話さなくても大丈夫です。
催眠中にあなたが話したくないことは、言葉にしなくてもいいですよ。
あなた自身が分かっていればいいので、頷いて教えてください。

最初に、顕在意識を使って出発しても、やがて自然に潜在意識が優位な状態になります。
その時 に顕在意識がブレーキをかけないことが大切です。
催眠は、「催眠ごっこ」から始めましょう。
イメージこっこと言ってもいいでしょう。催眠に入っているつもりになってください。

では、セッションの流れを簡単に説明いたします。
催眠療法にはいくつかの種類がありますが、ここでは退行催眠についてご説明してみます。
退行催眠では、過去に遡っていく催眠のことです。

私が、催眠に誘導して次第に催眠を深くして行きます。
そして、通常は安全地帯としての「高原のお花畑」に行っていただきます。
もちろん「高原のお花畑」には行きたくないと感じられる方もおられますので、その場合には、それを尊重して、その患者さんが最も落ち着けて安心できる安全な場所を選んでいただきます。
そこから、その患者さんの目的とする問題が起こったことに関連のある場所・時代(時)に戻って行くという誘導をしていきます。

患者さんの潜在意識がいくところに行くと言うことです。

もしそれが、前世ということになれば、その前世での人生を体験していただきます。
前世での臨終を迎えた後には、魂の行くところである中間世(あの世)に行き、現在のご自身との対話をしていただきます。
さらに、ハイヤーセルフ・マスター・守護霊・精霊・神などと呼 ばれる人に会うことがあるかもしれません。
前世では、現在のご自身の周りの人たちと、性別・年齢は違っても、直感であの人は今世ではこの人だと感じることがよくあります。

また、人格交代と言って、あなたが自分以外の別の人の中に入ってその人の気持ちを感じていただくこともできます。


もしそれが年齢退行した場合には、小さい頃のあなたの体験を再体験していただくことになります。
また、年齢退行では、大人のあなたに小さい頃のあなたを助けに行っていただくこともありますのでその時には必ず助けてあげてください。

催眠中は、動いても催眠から醒めません。
また、催眠中は副交感神経が優位になるのでお腹が鳴ったりすることがよく起こります。
この様な場合には催眠がうまく行っている証しです。
催眠中 にトイレに行きたくなることもありますが、これも遠慮なく言ってください。
催眠を浅くしてまた戻るとすぐに同じ深さの催眠に入れます。
むしろ我慢をすると顕在意識が働いてしまいます。
また、催眠中にいる場面を変えたくなかったりもっとそのイメージを楽しみたい場合などは、「もう少し待って。」と私に言っていただくことは問題ありませんので、遠慮なく言ってくださ い。


ティッシュは必要そうであれば私が、黙ってそっとお渡しいたしますので、ご使用下さい。

最後に、セッション内容及び個人情報は、守秘義務により守られますのでご安心ください。

催眠療法を行う上での注意点

(1)アファンタジア(aphantasia)では、ないことを確認する必要があります。
   アファンタジア:五感によるイメージ、特に視覚イメージが全く作れない症状。

(2)催眠の目的をしっかりと決めていただくこと。
例えば、簡単な例では、「自分はなぜか高所恐怖症があるのだが、なぜなのか理由が知りたい。」とか、「今世、自分が生きている意味はなんなのかはっきりしたい。」とか、「もう長年、腰痛があるのだが、なぜなのか知りたい。」とか。。。です。

(3)前日のご注意
催眠療法を受けられる前日は、睡眠を十分にとられ、アルコールは控えていただくことをお勧めいたします。なんらかのご病気で、お薬を飲まれている場合には、そのまま服用されて大丈夫です。当日も内服をきちんと継続されてお越しください。

(4)当日のご注意
催眠中は、体がリラックスできる服装で特に体を締め付けるような服装はご遠慮ください。
眼鏡やコンタクトレンズ、装飾品は体から外していただくようにお願いいたします。
利尿のつく飲み物:コーヒー、紅茶、煎茶などは、お控えください。
催眠の途中にトイレに行くことは全く問題ありませんが、あまりにも途中で何度もトイレに行くことはせっかくの催眠の内容が変化してしまう可能性がありますので勿体無いです。

携帯電話の電源はお切りください。
マナーモードも振動音が聞こえてしまい、催眠が浅くなったり冷めてしまうこともございます。
催眠の終了時刻は、1−2時間遅くなる可能性もございますので、くれぐれも、催眠の後ろに、予定を入れないようにお願い申し上げます。

オンラインでの催眠療法について

催眠は原則として、リアル対面治療なのですが、患者さんのやむを得ない状態によってはご相談の上、オンラインでも可能です。
その際に、注意することや用意することについて記載しておきます。このご準備ができない場合には、催眠療法は諦めていただきます。なんとかして、ご準備をしていただくか、クリニックに来ることができるようになるまでお待ちいただくことになります。
いずれにしましても、これまで20症例以上オンラインで実施しておりますが、どうしようもないトラブルは起こってはおりません。
準備はそれなりにハードルが高くなります。

上記のリアル対面での催眠療法を行う上での注意事項はそのまま適応されます。

(1)Wi-Fi環境
催眠中に音声や画像がフリーズしますと、催眠が中断いたしますし、頻回にそのような現象がおこりますと催眠治療がうまくいかなくなりますので、光回線で、アップロード速度もダウンロード速度も高速であることが要求されます。そして、JITTERと呼ばれる速度も音声や画像の遅延につながりますので、速いことが要求されます。まずは、回線スピードを以下のような、サイトでお調べください。
インターネット回線スピードテスト

(2)通信機器:パソコン・iPad・スマートホンなど
いずれの機器でも、音声と画像がきちんと私の方に届き、私の音声がきちんとあなたに届く状態であれば問題ありません。(私の画像は見えなくても問題はありませんが、私の画像だけが見えない状況はまずあり得ないでしょう)
その際に、ヘッドホン(イヤホン)+マイクのセットになった器具も販売されているようですので、ご利用することは問題ありませんが、iPadやスマートホンの場合には、電源の供給ができなくなると途中で電源が落ちてしまいます(催眠療法は4時間ほどかかります)ので、電源は充電しながら可能であることは必須です。ヘッドホンやイヤホンは、途中で外れない工夫も必要です。

(3)通信機器の固定
あなたの上半身と表情がきちんと見えて、音声が私に聞こえるような場所にしっかりと固定して動かないようにお願いいたします。途中で、あなたの体が動いたり手や足が当たって固定が解除されると私があなたを見れなくなってしまいます。

(4)身体のリラックス
あなたの身体をリラックスできるように、リクライニングシートやソファーをご用意できるといいと思います。クリニックでは、電動のリクライニングシートで非常に居心地の良い状態を作れるのですが、ご自宅(もしかしたら、ホテルなどを借りられるもの良いかもしれませんが)での身体のリラックスはとても重要になります。催眠実施時間が4時間と永いからです。
膝掛けなどもご用意された方が良いと思います。

クリニックでのリクライニングシート

(5)部屋の明かり
日中から始めても夕方になると部屋が暗くなり、時に真っ暗になり、あなたの表情が見えなくなってしまいます。クリニックでは、調光できるようにしてあるのですが、ご自宅などでは、目を閉じて違和感を生じない程度の明かりに調整できるように工夫をお願いいたします。電気をつけないでも昼間だからブラインドなどでちょうどいい明るさにできたと思っていても、夕方には必ず暗がりになってしまいますので、電気は使ってください。

(6)部屋のその他の環境整備
音:携帯はマナーモードではなく、電源を切っておいてください。固定電話も鳴らないようにお願いいたします。
玄関のインターホンの音は鳴らないようにしてください。宅急便などが来ないようにしておいてください。
工事などの騒音が起こりそうな日は、避けてください。ペットやお子さんの声が聞こえない状況を作ってください。
不意の音(マンションなどの上や横の部屋からの音、雷などの自然からの音)や救急車や消防車などの車からの音については、もし聞こえてきても、まず問題になることはありませんので、そこまでは気を使わなくてもOKです。しかし、台風などが来ていて、身の危険が迫るような状況ではできないと思いますのでご注意ください。

温度:夏や冬は特に気をつけてください。適度なエアコンによる温度調整をお勧めいたします。

(7)その他、不慮の出来事
あとは、臨機応変に対応いたします。特にWi-Fiが切れてしまった場合には、私の声がしなくなるので気がつかれると思います。電話は、電源を切られているので私からはかけられません。
その際には、しばらく待ってもWi-Fiが回復しないようであれば、あなたから私にお電話ください。LINE電話でもクリニック直通携帯 090-7965-3213 どちらでもOKです。

イーハトーヴ ヒプノセラピー カレッジのインタビュー

私の催眠療法の師匠である萩原優先生のヒプノセラピーカレッジからインタビューを受けました。
私は、西洋医療のみでは解決できない多くの問題の一部でもこの(医療)催眠療法が
患者さんにとっての光明となることを願ってます。ですから、医師に是非学んで欲しいのです。

インタビュー動画+内容の書き起こし文あります

インタビュー書き起こし文(ここをクリックしたら書き起こし文がダウンロードできます)

インタビュー (ここをクリックしたらインタビュー動画がダウンロードできます)

 

 

ブログより症例のご紹介

私が読んだ書籍の紹介:催眠療法

催眠療法師(ヒプノセラピスト)の認定証

無気力状態の49歳女性を変えた催眠療法

催眠療法で治癒した注意欠如・多動症(ADHD)

動物アレルギーに対する催眠療法

全身脱力と失声発作が前世療法で消えた症例

不登校を催眠療法で克服できた17歳の高校2年生

ある女性ヒーラーを強力に癒した”結”エネルギー療法と医療催眠療法

僧侶夫婦のエネルギー療法+催眠療法(その1:リウマチ性多発筋痛症)

僧侶夫婦のエネルギー療法+催眠療法(その2:住職の農業に対する情熱)

完治した乳がんステージ3

謎の顔とデコルテの皮疹ーその見事な改善ー:前編

謎の顔とデコルテの皮疹ーその見事な改善ー:後編

パニック障害を克服できた少女;同時に側弯症も改善

野口整体、ヨーガ、気功を教える講師のパニック障害に対する”結”遠隔エネルギー治療の効果

片頭痛はエネルギー治療で治る!:36歳、女性

マラカイトの不思議

マラカイトの不思議:続編

30年以上も苦しんだ腰痛でもエネルギー治療が著効:なぜ有効なのか。。。それは